カイメン 海の掃除屋

海綿動物
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

磯遊びをすると美しいむらさき色の

ブヨブヨしたものを岩で見つけること

がある。ムラサキカイメンです。

体表に小さな穴(小孔)が多数あり、

上側には大きな穴(大孔)があります。

主に小孔から海水を吸い込み大孔から出します。

この方法で呼吸と微生物を捕食しています。

地球で最も体の構造が簡単な多細胞生物。

体の表面の小さな穴が(小孔)から海水を吸い込み上部に大きな穴(大孔)から海水を出します。

小さな細胞が集まって体を構成。

心臓、神経、胃、血管、脳はない。

海の中で何の役にたっているのか?

カイメンは海水をきれいにしています。

海水中のプランクトンや小さなゴミ

濾過して餌としています。

0.001mmのゴミまで濾過できます。

目立たないけど地球をきれいにしています。

カイメンは海水をろ過して海をきれいにしています。

ロシアのバイカル湖は世界で最も透明度

が高い湖です。これには淡水カイメンの

働きが大きいと言えます。

熱帯の温暖な海が比較的綺麗なのも、

カイメンの働きが関与しています。

ほとんどの人は地味な働きに気づいていません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました