アンモナイトとオウムガイ

軟体動物

体の構造はほぼ同じですが、オウムガイ現代

まで生き残り、アンモナイトは絶滅してしま

いました。

しかし化石が一緒に発見されることも多く、

元々はオウムガイもアンモナイトも浅い海

に生息していました。

アンモナイトは生存競争に勝ちましが、今では化石でしか見れません

ただ生物の多い浅い海では、動きの遅い

オウムガイは競争に敗れ、深海へと追い

やられました。

現在でもオウムガイの生息地は南太平洋

の水深100~600mほどの場所。

素早く動くことができたアンモナイトは

浅い海に残ります。1万以上といわれる

ほど繁殖に成功した生物です

アンモナイトは6550万年前、地球へ

小惑星が衝突し絶滅したと考えられ

ています。

オウムガイは生存競争に負けましたが環境に適応すことで現代まで生き残りました。

この時期に地球の自然環境は大きく変わり、

恐竜を含めた多くの生物が大量に絶滅に

追い込まれました。

気候変動の影響を受けアンモナイトは絶滅、

オウムガイは深海にいたため影響を免れ、

生き残ったと考えられています。

オウムガイは競争に破れ、別の環境に移動

するこで現在まで生き残れました。

強さだけではなく環境に適合する

ことが生き残る秘訣。



コメント

タイトルとURLをコピーしました